オフィス機器は購入すべきか否か

皆さんは会社勤めをされていますか、またその会社には様々なOA機器が置いてありますか。最近ではOA機器リースを行う会社が増えており、企業側もコスト削減を命題にこれらの機器を購入するのではなく、リース、すなわちレンタルにて対応するところが増えています。機器を購入してしまうと当然のことながら、その資産を原価償却という形で年々、月ごとにいくらかのお金を支払っているとう概念のもと、償却して行かなければなりません。

その償却期間と月々の費用、さらに保守管理費用などを単純に比較した場合、リースで機器を借りた方が安い場合があります。コピー機やプリンター、サーバー、パソコンなどが対象となります。そのため、レンタル会社はなるべく新しいバージョンのものをそろえ連他売る機器として売り込む営業方式が採用されています。特に期間が限られたパッケージソフトなどは流行り廃りがある上に機器の故障にも悩まされることがあるので、原則企業側は購入せず、リースで対応しようとします。

リース側も大体、購入費用とリース費用との差額相場を知っているので予め、数年のリースが特になるような利益設定をしているます。双方が納得することで成立しているのです。